頑張らない育児ブログ

頑張らない子育てを極めるブログ

ズボラー主婦が頑張らずに妊活したり出産したり育児したりするブログ

【無痛分娩出産レポ⑤】初産で男の子を出産!~いよいよ麻酔注入~

こんにちは、ヨメです。

先日ご報告いたしました通り、男の子を出産しました。
simple02.hatenablog.com

出産の詳細をレポートしていきます。

運動しない掃除しない、陣痛ジンクスに一切あやからないグータラ生活(笑)をしていたところ、予定日ちょうどに陣痛が来ました!

■陣痛編①
【無痛分娩出産レポ②】初産で男の子をスピード出産!~出産予定日になってから~ - 頑張らない子育てを極めるブログ

■陣痛編②
【無痛分娩出産レポ③】初産で男の子をスピード出産!~陣痛がきて病院へ~ - 頑張らない子育てを極めるブログ


記事の中で「痛みレベル」という表現がでてきますが、
1が最小、10が最大で痛みを表現しています。

出産当日

4:00 やっと麻酔注入

麻酔科医がやっと到着。
この時点で痛みレベル10。痛みMAX。

「痛いーーーー!!!!」

何本か腕に点滴を打たれ、いよいよ麻酔注入です。
麻酔は硬膜外麻酔。
寝ながら体育座りをしているように身体を丸め、背中(脊髄)に硬膜外カテーテルで麻酔を注入していきます。

f:id:comachi00:20181106102746p:plain

この間も容赦なく陣痛は来ますから、なかなか辛い体位です。
でも、やっとこの痛みから開放される・・・と思ったら全然耐えられる辛さでした。

点滴時も麻酔注入時も多少痛みはありましたが、陣痛に比べたら大したことありません。

10~15分後(ここまで耐えるのが本当に辛かった・・・)、
スーッっと痛みが消えていきました。

やっと痛みから開放され、呼吸が楽になりました。

f:id:comachi00:20181106111849p:plain
麻酔効いた・・・よかった~

痛みレベルは一気に0へ。
麻酔なので下半身を中心に鈍い感じはありますが、陣痛の痛みが全くなくなりました。
でも陣痛の度にお腹の張りは感じられて、なんだか変な感覚です。

左手にはナースコールのような形の麻酔のボタンが。
ボタン式で自己注入できる、電動式PCAポンプってやつです。

f:id:comachi00:20170408091719p:plain

画像出典:痛いときに自分ですぐに鎮痛薬の投与ができるスイッチ1つで痛みを緩和 秘密兵器、電動式PCAポンプとは? | 監修●飯嶋哲也 山梨大学医学部付属病院医療チームセンター長

ボタンを押せば自分の好きなタイミングで麻酔が注入できるようになっています。(連打しても、前回の注入から一定の間隔が空いていなければ注入できないようになっています。)

注入できるようになると機械のランプが付くのですが、もう痛いのは嫌なのでそれを確認したら即注入していました(笑)

あと、麻酔のあたりからおしっこの感覚がないと思ったら、カテーテルが挿入されていました。


4:30 夫と分娩室で再開

やっと夫が分娩室へ通される。(順天堂医院は待合室がなく、それまでは病棟の廊下のベンチで待機していた)

このとき、へその緒が絡まって赤ちゃんの心拍が弱くなっているようで、寝ている向きを逆にされました。

その後、数々の同意書のサインを夫と共に済ませました。
無痛分娩でない場合、陣痛中にこれらの同意を済ませなければならないと思うとゾッとしました。


その後はゆったりタイム。
分娩室にはクラシックの中心としたBGMが流れていて、それを聴きながら夫と会話したり、仮眠をとったりしました。
出産中ということを忘れそうな、ゆったりとした時間でした。


6:00 子宮口全開

ここで初めて産科医さんと対面しました。
夫は一旦外へ出て、内診。
その結果、子宮口は全開。
でも赤ちゃんがまだ下りてきていなくて、出産まであと2~3時間はかかりそうと告げられました。


長くなったので次へ続きます。